2008年06月15日

あれから1年 名称は「交流会」に

お嫁さん 北海道へ いらっしゃい
10月、別海の酪農男性と交流会

 枚方市と友好都市提携を結ぶ北海道別海町(べつかいちょう)が10月10〜13日、
現地で酪農を営む男性と、関西の女性との交流会を開く。昨年も女性13人が参加し、うち3人が男性と交際を続けているといい、酪農のまちに元気を与えるイベントになっている。

 「緑の牧草が辺り一面に広がる光景に感動した。いい伴侶にも巡り合い、北海道に来ることを決めた」。
茨木市出身の細谷志津代さん(31)は2006年の交流会に参加し、昨年10月に同町の孝行さんと結婚した。
家族や友人との別れは寂しく、力仕事も大変だが「この地で頑張っていこう」と決意している。

 町は道東部に位置し、人口約1万6000人。11万頭の乳牛が飼育され、牛乳、バター、チーズなどを生産。オホーツク海ではサケ、マス、ホタテなどの漁業も盛んだ。

 町は1984年から毎年交流会を開催しており、これまでに75組が交流会をきっかけに結婚したという。
今年の交流会では、3泊4日の期間中、歓迎会や野外パーティー、摩周湖への観光などがあるほか、ホームステイで子牛の世話もしてもらう。
町の担当者は「雄大な自然や、地元住民との交流を楽しんでもらえれば」と話す。

 参加費3万円(交通費、宿泊費込み)で、申し込み締め切りは8月8日。募集は15人程度で、応募多数の場合は抽選となる。
問い合わせは枚方市文化観光課(072・841・1221)。

(2008年6月15日 読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/osaka/news/20080615-OYT8T00057.htm

2ch
お嫁さん 北海道へ いらっしゃい  女性限定の農業体験実習開催
http://namidame.2ch.net/test/read.cgi/news/1213521631/
posted by matome at 20:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 出来事(問題発覚後) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。